201407

魂には10パターンあります。仏法世界では10法世界、神道は10色の魂、中国算命学では10干と、それぞれに表現されています。魂とは形なきもの、一人一人の生きる中心となり、主流となるもの、その人の根幹を意味しています。ご自身の魂がどの魂であるのか、あなた自身、どのような背景の流れとなっていくのかを感じ取っていただきたいのです。中国算命学の10干で、あなた自身の今月についてご案内いたします。

中国算命学の10干で、あなた自身の2014年7月についてご案内いたします

  • 甲木こうぼく

    精神的に、やや気苦労が出やすい時です。なぜならば、今後に向けての仕組み、次元が切り替わろうとしている時だからです。責任感を感じささせられ、律を重んじなければいけない背景となります。

  • 乙木おつぼく

    意識させられることが、多面的に出て来やすく、人のために動かされていく背景となります。頭で考えるよりも、行動で実践していきましょう。

  • 丙火へいか

    日常的に、心のぶれ、反感など、不愉快な現象が目立つ場合がございます。囚われ過ぎないことが大切です。

  • 丁火ていか

    大切な人、愛する人のことに意識が運ばれていきます。気をつけなければいけないことは自己中心的な対応をしないこと。相手のことを踏まえた対応が必要な時です。また、何事にも行き過ぎないことが肝要です。

  • 戊土ぼど

    自分自身が集中しやすい時期と言えます。 興味のあること、子供、趣味嗜好にいきやすいく、物事が習得しやすいでしょう。

  • 己土きど

    ご自身のお気持ち、考え方、状況が移り変わりやすい時となります。様々な情報を吸収なさることがよろしいでしょう。

  • 庚金こうきん

    対社会、人間関係に忙しい日常生活の流れになっていきやすい時です。交流、コミュニケーションを意識していきましょう。

  • 辛金しんきん

    日々の暮らしの中で、新たな自覚、認識をさせられやすい時です。周囲からの助けはなく、自分から相手に手を差し伸べていく姿勢が大切です。

  • 壬水じんすい

    この1ヶ月の間に、これまでの人間関係、集団との在り方に、区切り・ケジメとなるような現象が見られます。しっかり見極めていくことが大切な時です。

  • 癸水きすい

    人、集団との関わりに変化が出てきます。新たな出会い、別れ等、この1ヶ月の中で出てくることでしょう。流れを見極めていきましょう。