2015年度 言玉のほほえみ 第4号(冬号)が完成しました

砺波洋子
メッセージ

玉ほほえみ倶楽部では、新会員を随時募集しております。新年度「言玉ほほえみ倶楽部」が、4月より引き続きスタートいたします。興味を抱いた方は、皆様お誘い合わせの上、ご入会いただきたく存じます。入会方法は、このホームページの「言玉ほほえみ倶楽部」内でご紹介しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。第4号の内容は、以下のように構成しています。

  • 冬号の特集/「2016年版開運言玉」好評発売中
  • 冬号のキーワード/女性の取得率90%目前、育児休暇の効果的な使い方
  • 冬の言玉/「こころの風景」
  • 教えて 砺波先生!
  • 「2016年版 開運言玉」への道 その4

冬号のキーワード
女性の取得率90%目前、育児休暇の効果的な使い方

厚生労働省の調査によると、女性の育児休暇の取得率は90%近くまで上昇しているとのこと。一方で復職後に業務内容が変わるのを心配する女性も多く、育児中に勉強してスキルアップを目指す傾向にあるそうです。このニュースに関して感想を申し上げると、育児休暇中は育児に専念してほしいと思います。なぜなら育児そのものが充実した勉強になるからです。

母親は乳児が出すサインを敏感にキャッチして、授乳や排便、睡眠、遊びなどにつきあわないといけません。時にはサインを見逃して泣き続けることもあるでしょう。あるいはサインを読み違えて拒絶するような態度をとられるかもしれません。ですが子供と真っ直ぐに向き合い、ちょっとしたしぐさ、もの動きから何を望んでいるかを察知することはとても大切で、こうした労作を重ねれば人間関係の学びにつながります。(この続きは、新年度「言玉のほほえみ」2016年春号で)