131

第3回 砺波洋子を囲む会【宿命から見た安定色】を開催致します

5月に入り暑い日があったり、強風が吹いたりなど天候が不安定でしたが皆様どうお過ごしでしょうか。さて、今回は『第3回 砺波洋子を囲む会』を開催する事となりました。このように継続して開催できること皆様に感謝申し上げます。

心と体はご自身の運命に多分に影響して参ります。誰かに頼る・医者に依存するのではなく、ご自身で心・体の状態を知って頂く為の勉強会です。今回は「生活に根ざしたお灸の使い方」「五行と色の力」「体質別、アーユルヴェーダな暮らし方の工夫」の3点をテーマにした内容を各パート毎に専門家の視点で皆様と一緒に勉強して参ります。

この3つを体感頂く事で、今までと違った視点でご自身と向き合う事が可能になります。自分が持っている宿命のエネルギー、またはご自身の日々のエネルギー次第で状況が変わって参ります。この機会に少しでもご自身を知ってくきっかけになれば幸いです。

———————————————————————-

①生活に根ざしたお灸の使い方(鍼灸師・武士)

鍼灸からはお灸の使い方や、知っているようで知らないお灸の効能などを紹介します。

———————————————————————————–

②五行と色の力(中国算命学・砺波洋子)

算命学からは宿命から見た「色」の力をご説明いたします。では「色」はなぜ大事なのでしょうか?色は単なる好みや合う合わないではありません。その人が輝いて、そして周りを喜ばせるという要素があります。色は精神的な安定や自信をもたらしてくれるだけでなく、それは臓器とも関係しています。例えば肝臓は青、肺は白と対応しています。そして両者は現実性を表すのです。普段の何気ない色使いから、ご自身の運命を考えてみましょう。

———————————————————————————-

③体質別、アーユルヴェーダな暮らし方の工夫(アーユルヴェーダ講師・古山みどり)

アーユルヴェーダは暮らし方と切り離すことはできません。生活の様々な習慣やくせは体調を悪化させると同時に好転もさせるのです。そしてその習慣やくせは、体質とも関係しています。それぞれの体質に合った暮らし方の一工夫を、食事も含めてみていきます。

———————————————————————————-

【日時】2016年5月21日(土) 15:00~17:00

【会場】「高瀬」(懐石料理)東京都渋谷区代々木1-27-5 市川ビル1F

【アクセスマップ】地図はこちら

【講師】砺波洋子 / 古山みどり / 武士

【定員】20名

【会費】¥9,000円 ※和食高瀬のお食事付きです。

【お申込み】砺波洋子事務所 ①tel:03-6435-1294 / ②fax:03-3457-4915 / ③e-mail:yokotonami@gmail.com

Published on May 07, 2016 Article Written by Tonami